豊田市民センター地区再開発ビル [参合館]|実績紹介|青島設計-AOSHIMA ARCHTECTS & ENGINEERS INC.-
 

HOME実績紹介文化一覧 > 豊田市民センター地区再開発ビル [参合館]

用途・テーマから探す
竣工年から探す

豊田市民センター地区再開発ビル [参合館]

 

参合館(メイン).JPG

 

“都市型文化施設の提案”

 

 名鉄豊田市駅の東側に位置し“自動車の街”豊田市の都心整備再開発事業の一環として構想され、「都市文化の顔」として、シンボル的役割を果たす施設であります。 全体構成は、1、2階に銀行・オフィス・店舗施設、3階~7階に豊田市中央図書館、8階に豊田市能楽堂、10階に豊田市コンサートホールの各施設が入っています。そして、各施設を積み重ねた機能ゾーンと、ロビー空間となるアトリウムを挟んで、各施設へのアプローチ動線となるエレベーター・エスカレーターをまとめたサーキュレーションゾーンから成り立っています。
 「よりよい交流を生む」、より魅力的な都市空間の創造をめざしたこの施設は、“和の古典(能)・洋の古典(オーケストラ)そして現代(情報)”との“出会いの場”を象徴しています。

 

 

参合館(サブ).jpg

 

 

建 築 主   豊田市民センター地区
      市街地再開発組合
所 在 地   愛知県豊田市
建築面積   3,978㎡
延べ面積  45,460㎡
構  造  鉄骨造、一部鉄骨鉄筋
           コンクリート造
階  数  地上13階、地下2階
用  途   複合用途
          (駐車場、店舗、図書館、能楽堂、コンサートホール)
完成年月  1999年3月

 

受  賞  中部建築賞 一般部門 入選

      とよた景観まちづくり賞 景観デザイン部門優秀賞

      照明普及賞優秀施設賞

      景観照明感謝賞

 
pagetop
 
  • Privacy Policy
  • Site Map
  • Copyright(C) 2011 AOSHIMA ARCHITECTS & ENGINEERS INC. All Rights Reserved.

    青島設計