名工学園 新体育館|実績紹介|青島設計-AOSHIMA ARCHTECTS & ENGINEERS INC.-
 

HOME実績紹介教育一覧 > 名工学園 新体育館

用途・テーマから探す
竣工年から探す

名工学園 新体育館

 

名工学園 新体育館(メイン).jpg

 

市街地に建つ複合的な体育施設

 

 学校法人名工学園 名古屋工業高等学校の新体育館です。これまで同校の体育館は愛西市の永和台分校にありましたが、利便性向上のため名古屋市内にある校舎の近接地に、弓道場やレスリング場を兼ね備えた複合的な新体育館を建設しました。1階:メインアリーナ、2階:部室・ランニングコース、3階:シャワー室、4階:レスリング場、5階:弓道場という構成の体育館です。外観は、同校の教育方針「心身の健全」「着実な修学」「礼節を尚ぶ」を表現するため装飾的な要素を抑え、周囲への圧迫感を軽減するよう心掛けてデザインしました。
 
 
名工学園 新体育館(サブ).jpg
 
建 築 主   学校法人 名工学園
所 在 地   名古屋市昭和区
建築面積   1,409㎡
延べ面積   3,104㎡
構    造   鉄筋コンクリート造
           一部 鉄骨造
階    数   地上5階
用    途   高等学校(体育館)
完成年月   2014年9月
 
pagetop
 
  • Privacy Policy
  • Site Map
  • Copyright(C) 2011 AOSHIMA ARCHITECTS & ENGINEERS INC. All Rights Reserved.

    青島設計